高知ファイティングドッグス球団では、西太平洋、パラオ共和国で野球を指導するため国際協力機構(JICA)四国支部のご協力のもと、駒田監督と選手4名がパラオ共和国へ渡航し、少年野球教室を開くほか、パラオ代表との交流試合などを行いますのでおしらせいたします。

日時:12月4日(日)~12月8日(木)
7日(水) AM パラオ 日本大使館表敬訪問
     夕方 野球交流
8日(木) AM パラオ北部小学校訪問 野球交流
     PM 小学校文化・野球交流
     夕方 交流ゲーム
その他、太平洋戦争の激戦地ペリリュー島なども訪問予定です。

場所:パラオ共和国

参加:駒田徳広監督、銀二郎選手、大城優太選手、岡部峻太選手、ラシィナ選手

 高知FD球団の銀二郎選手が小学生時代をパラオで過ごした経験があることから、球団からJICAに提案し今回の野球教室が実現しました。駒田監督、JICA職員らが4日に、6日に選手4人が合流し、パラオで野球指導するJICA隊員の協力で、小中学生らに直接指導を行います。また、現地日本人も交えて交流試合も行う予定です。
また、JICAが派遣する野球隊員から「野球」を知り、指導を受けたラシィナ選手も今回の企画に参加することが決定しました。
 現地の子どもたちや日本人の方々と、国境の垣根を超え野球で交流を行います。