【インタビュー】田久見大地選手

田久見大地選手にインタビューをしました!交流戦でもクリーンアップを任されることも多く、四国銀行戦では早速ホームランも放ちました。今季の活躍に期待がかかる新人選手です!

■独立リーグに来て今年が1年目の田久見選手。高知ファイティングドッグスの印象はどうですか?
――ノックでの1つ1つの声がみんなに通っていて、とても明るい雰囲気だと思います。また、駒田監督を始めとした指導者の方々もバッティングでの少しのズレを見抜いて、丁寧に指導してくださるので、毎日が勉強することばかりです。

■開幕まで2週間を切りましたが、今の気持ちを教えてください。
――オープン戦ではアイランドリーグのチームと試合をしていないので、公式戦が始まったらその中で自分がどのくらい通用するのかが楽しみです。バッティングがセールスポイントなので、今シーズンは長打と簡単に三振にならないことを意識して、打率3割、50打点、ホームラン2桁を目標に頑張ります!

■田久見選手は社会人チームで野球をしていましたが、なぜ、独立リーグチームに入団してまで野球を続けたいと思ったのですか?
――父と兄が野球をしていた姿を見て小1から野球を始めて、甲子園に出ることを目標にずっと続けていました。甲子園に出るという目標を達成して(3年次に3番ファーストで出場。現中日ドラゴンズ藤嶋選手より3安打2打点をマーク)、今度はプロ野球選手になりたいと思ったので、少しでもプロ野球に近い独立リーグで野球を続けることに決めました。

■田久見選手のオフの日の過ごし方を教えてください。
――綺麗好きなので掃除が好きで、オフの日は絶対に30分は掃除をしています(笑)。掃除をした後は、走りに行ったりウエイトをしたりすることが多いです。

■最後に、ファンの方にメッセージをお願いします。
――試合に出場しいっぱい活躍するので、ヒーローインタビューでの僕の宮崎訛りを聞いてください!
dsc_0323